Archives : 2016.08

9月2日(金)NEON リリパ準備中
August 14, 2016

IMG_0929

ライブ用のセットを東京〜大阪間で制作中です。
便利な世の中になった。オフィシャルサイトではカウントダウンが始まってます。

(実はこうゆうカウントダウンやってみたかった)
約5年ぶりにNEON2人揃ってのステージでのライブ姿が観れますので是非お楽しみに。

イベントの出演者のプロフィールは、スケジュールに掲載されています。

2016/09/02 NEON “Under The Trees of The Big Beat” Release Party!!

NEONリリースパーティー
August 08, 2016

NEON_0902_batica_500

今回の最新作”Under The Trees of The Big Beat”のリリースパーティーが開催決定!!!

NEONが中心となったリリパなんて随分やっていない。

リリース前からライブセットを組んでみたりしながらずっとイメージしてた。

コラボライブあり、新旧問わず、シーンも問わずなイベント。

こうゆうクロスオーヴァーなイベント、90年代を過ごした自分にはずっと理想にあった。

共演者の皆さんと、今のNEONを100%放出します。

よろしくお願いします!

————————–—————-

日時:9月2日(金)
場所:恵比寿 BATICA
時間:18:00-22:00
チケット:当日のみ 2000円 (1D別途)
http://www.batica.jp/schedule/neon-under-the-trees-of-the-big-beat-release-party
————————–—————-
■LIVE
NEON
ナマニエルボーイズ
▼NEON SPECIAL RELEASE LIVE
福山タク(NATURE DANGER GANG)
迷彩
KAORI(Language)

■DJ
HIROTH(COKEHEAD HIPSTERS)
MOA(CARIZMA)

■Lounge DJ
MANAKA
BoB
Ren-G
and more…

————————–—————-

ご質問やチケットとの取り置きなどは「CONTACT」からご連絡ください。

Under The Trees of The Big Beat発売!
August 03, 2016

IMG_0858_500

IMG_4599_500

NEONの新作フルアルバム「Under The Trees of The Big Beat」が本日発売!

 

前回のミニアルバムからちょこちょこNEONでのリリースはあったものの、
フルアルバムのリリースは本当に久しぶりで、店頭にCD(我が子)が並んでいるのを見て、
2008年のデビューから山あり谷あり、紆余曲折あったけど再びバンドとして、
作品を。。。いやNEONとしてアルバムをリリース出来、純粋に棚に並んでいるその光景が嬉しい。

感慨深いものがあります。

 

▼MV映像

 

▼トレーラー映像

 

今回、リリースで助けてもらった皆さん、共にアルバム&映像にご参加してもらったアーティストの皆さん、各地でNEONを応援して好きでいてくれている皆さん。本当にありがとうございます。

そして、再び2人になったNEONの田上&伊藤をあらためてよろしくお願いいたします。

TAGAMI

あと3日で新作アルバムが発売
August 01, 2016

 

あと3日後にはアルバム「Under The Trees of The Big Beat」が発売される。

 

12年前に前身バンド(伊藤も一緒のメンバーだったな)でアルバムを発売した頃から気持ちは変わっておらず、いつでもリリースはドキドキする。”アルバム”と名が付けば今の自分達を丸裸にされる気持ちと、今の自分達を存分に聴いて観て楽しんでもらいたいという2つの気持ち。後者の方がやっぱり気持ちは断然大きい。

 

誤解を恐れずに言えば、ここまで音楽と一緒に生きてくると結局は自分達だけのワガママになってくる。言葉をさらに足せば音楽に嘘がつけなくなる。今のNEONはそこに尽きるのかなと。

 

1年前に自分の勝手に作り始めた音楽に、伊藤が再加入して再び2人でNEONを構築し作り始めた。制作がどんどん面白くなって来て曲が次から次へと出来てきた。しかし前述したように当時はそこまでも考えてもなかった。言えば「デジタルリリース出来たらええなあ。」くらいの会話やったと思う。それが今や盤になってPV映像も出来て作品になり、周りの色んな人達に助けてもらい世に放たれていく。聴いてもらえる、もう贅沢。今のNEONの音楽を聴いてどう感じるかはひとそれぞれなのかな、世代も違う、シーンも違う、そんな人達にどう響くんかな。

 

TAGAMI

Uunder The Trees of The Big Beat 参加アーティスト
August 01, 2016

今回のアルバムへの参加アーティストのご紹介です。

少しでも今回の「Under The Trees Of the Big Beat」に興味を持っていただければ!

※掲載順はアルバムの曲順になっています。

taku

●福山タク(NATURE DANGER GANG)

東京都北区出身。
楽器演奏家にして作曲家。
NATURE DANGER GANG所属。
サックスだけでなくアコーディオン、マンドリン、バイオリンなど多くの楽器を操り様々な楽曲に携わる。アイドルグループ「ゆるめるモ!」「おやすみホログラム」「NECRONOMIDOL 」へのバンドセット参加、及び楽曲提供バンド「ナカムラリョウと前未来」参加。、映画「 大怪獣モノ」劇中伴奏。

楽器奏者でもありながら音楽人.netにプロキュレーターとして寄稿するなど活動は幅広く、音楽活動だけにとどまらない
バッティングセンターで打席に入らずひたすらスピードガンで速度計測、縁もゆかりもない大学の合格発表で勝手に合格者の胴上げ等、何の前触れもなく全力でふざけるツイッター芸には定評がある。

https://twitter.com/WeAreNDG

 

KAORI

●KAORI (Language)

90年代初頭のクラブアンセムである「Good Life」のカバーをリリース。全世界で大ヒットとなる。その後、主にベルリンのクラブシーンの影響を受け、スティーブ バグ、マイク ヴァン ダイク、パスカルFEOSなど、数々のドイツのテクノアーティストらとコラボレーション。DJ Toby、ヒロ シ ワタナベ、Kagami、DJ Tasaka、GK、DJ Kawasaki、ヒトシオオイシ等の国内外のトップクリエーターともに、多くの作品をリリース。

2005年よりCrue-L RecordsよりEP2作、フルアルバム1作をリリース、近年は電気グルーヴのTDK CM楽曲、アルバム”人間と動物”Upside Downへのコーラス参加を果たし、現在はMadoromi LabelよりバンドLanguagevocalとして精力的にライブ活動中。

http://www.language.ne.jp/

 

ORIONBEATS

●ORIONBEATS(廣山哲史 / RYUKYUDISKO)

2011年、黄金三星(クガニミチブシ)から廣山哲史(RYUKYUDISKO)のもとへ流れ着き、誕生したのはORIONBEATS(オリオンビーツ)。沖縄民謡 Mix CD『Souvenir from RAKUEN』に楽曲で参加したのをきっかけにデビュー。初ライブは野外フェス。ダンスミュージックを得意とするが、ロックからレゲエ、民謡まで幅広いジャンルへ参加、楽曲提供、コラボやリミックスも。
2012年、ファーストアルバムは二枚組『AWESOME BEATS』発表。
2014年、『RAKUEN EP』シリーズで世界へ発信。その後も、主のもとへ流れ着くたび多数の楽曲を生産。
2015年、セカンドアルバム『ETHNIC DANCE MUSIC』発表。

www.rakuen-records.com/orionbeats

 

HIDEYAAA

●HEDEYAN(カルメラ)

関西発エンタメジャズバンド、カルメラでエレキベース、アップライトベースを担当。
2001年に地元大阪で音楽活動を開始し、様々なバンドやアーティストのベーシストとして活動。
現在は拠点を東京に移し、アコースティックな音楽から、打ち込み系の音楽まで幅広いレコーディングに参加。バンドやアーティストサポートでの演奏に留まらず、ミュージカルでの劇伴まで活動の場を広げている。

http://www.calmera.jp/

 

nama

●ナマニエルボーイズ

MICお兄さん、SWINGBOW、MC妖怪、名称未設定の4人からなるHIP HOPグループ。幼稚さと遊びごころを履き違えたリリックで、明快かつ内容の無い楽曲を発表。メンバー間での音楽性の違いから、時折、童謡、朗読などに手を出しているところも憎めない。全員美術大学出身のため、ライブフライヤーなどのアートワークも自身で手がけている。

http://namanieruboys.com/

 

MOAMOA

●MOA(CARIZMA)

テクノレーベル『CARIZMA』主宰。数々のテクノパーティーのレジデントDJとして活動し、2004年に自身のレーベル『CARIZMA』を設立。KagamiやJJ Flores & SteveSmooth、NEONなど国内外の精鋭を続々とリリースしている。2006年コンピレーションCD「day dream bleeper」のコンパイル&DJミックスを担当、2007年にはレーベルコンピレーション「Championship Midnight Carizma」において初の楽曲を発表した。2009年3月には初シングル「Imitation Goldmotion」をリリース。2010年にTOKTOK、AraiLazer、A­Inc、NEWDEALへリミックスを提供、同年8月に横浜アリーナで開催されたWIRE10にはサードエリアにゲストアーティストとして出演した。2011年、2作目となるシング「SilverstarAlone」をリリース、2012年には3作目となる 「Majestic Payday」を発売、配信サイトのセールスチャートへランクインするなど好評を得る。2014年にはCARIZMAレーベル設立10周年を迎え、2月にシングル「Houkago King To InokoriSavage」を発表した。本気と冗談の入り混じる情熱的でカラフルなDJスタイルで日々フロアを「鳴らし」続けている。

http://carizma.jp/

 

そして、今回、PV映像にダンスパフォーマンズで特別出演してもらった迷彩!!

MEISAI_photo2015

●MEISAI

TomoyaとNaokiによるダンスパフォーマンスチーム。
テクノをはじめとするエレクトロニック・サウンドの表現に特化し、スピード感溢れる独創的なパフォーマンスは国内外で高い評価を得ている。
WIRE04でのZombie Nationとのコラボレーションを皮切りに、テクノシーンにおけるダンスパフォーマンスのパイオニアとして数々のフェスやイベントに出演。
電気グルーヴをはじめとする国内外のアーティストとのコラボレーションも多岐に渡り、その表現欲求は止まるところを知らない。
東京を拠点に活動する一方、ヨーロッパを中心にツアーを行い、Maria am Ostbahnhof(Berlin)やREXclub(Paris)などのシーンを象徴するクラブに数多く出演。
2007年からは自身主宰のイベント『MITTE』をスタート。 国内外のテクノアーティストを精力的に招聘する傍ら、2010年にはその活動を映像分野に展開し、プロジェクト・レーベル『MITTE WORKS』を設立。
ダンスを軸とした映像作品のリリースを重ね、3作がiTunes Storeエレクトロニック・ビデオチャート1位を獲得。
2011年、MANUKE・狩生健志とともにマルチメディアユニット*Asterisk(アスタリスク)を結成。
Digital Fashion Week SingaporeなどファッションイベントでのパフォーマンスやLOIKKA dance film festival 2012(Helsinki)といったメディア芸術祭などに招待作品としてピックアップされる。
また、電気グルーヴのピエール瀧をはじめ、数々のアーティスト・アイドル・タレントの振付・演出を行うなど、多岐に渡る活動はメディアを問わずさらなるエンターテイメントの追求を進めている。

http://www.meisai.jp/